ガウディアママ interview001

自分のペースで毎日できる宿題がある
だから、学習するのが習慣になり
自分で考え、計画も立てられる子になりました

写真左:山岸さん

長男が1年生の2月にガウディア入会。
2年生の2月から日能研に移籍。
次男も年長の12月にガウディア入会。

写真右:豊川さん

長女が2年生の9月にガウディア入会。
2月から日能研に移籍。
年中の長男はこれからガウディアを検討。

小学生と幼児2人のお子さまを持つママおふたりに、それまで「存在を知らなかった」という学習教室ガウディアに通ってみて、お子さまにとって何がよかったのか、どんな成長を実感されたか、お話をうかがいました。

毎日宿題があるので習慣づけにちょうどいい

ガウディアはご存知でしたか?
豊川いえ。それまではまったく知らなくて。ガウディアに決めたのは、日能研が手掛けているプログラムだという安心感と、ちゃんと机に向かうことができるかが不安だったので、毎日の宿題があって習慣づけにちょうどいいかなと思ったからなんです。
もともと勉強が好きなお子さまだったんですか?
豊川いえいえ、毎回苦労しています(笑)。ピアノなどは習わせていたのですが、学習系の習い事はガウディアが初めてでした。
お子さまの反応はいかがでしたか?
豊川全然嫌がらずに「やってみない?」と聞いたら「やってみる」って。先生がすごくやさしく接してくれたので、楽しく通っていました。もっと早くガウディアのことを知っていれば、もっと小さいうちから通えたのにな、と思ったくらいです。長女もいつも「先生がやさしい」と言っていました。
山岸私も最初はガウディアという教室があることを知らなかったんです。続けられるものを探して日能研を見学したときにガウディアを知りました。本人に聞いてみたら「やってみる」とのことだったので、入会を決めました。

自分のペースで学習できて、相談しやすい雰囲気

お子さまに抵抗感はありませんでしたか?
山岸特にありませんでしたね。自分のペースでプリントを進められるというのが魅力的で、相談しやすい雰囲気だったみたいです。ガウディアに入る前は、市販のドリルを買って勉強すると言っていたのですが、いざ買ってもやる気がなかなか続かない…(苦笑)。ガウディアは毎日宿題があるので、学習の習慣づけにぴったりでした。
豊川私も市販のドリルを買ってやらせてみようとしたことがあるのですが、全然やらなくて(苦笑)。一緒に本屋に行って自分で選んで「やるー!」と言ってたのに…ほとんど真っ白のままで残っています(笑)。ガウディアの教材を見て、すごくいいなと思ったので、ここに通わせてみようと思いました。もっと早く知っていれば、ドリルをあれこれ買うこともなかったので残念です(笑)。ガウディアだと毎日少しずつやって、先生に丸付けしてもらえるので、当たり前のように「やるもんだ」と思ってくれているようです。毎日少しずつというのがよかったと感じています。

自分からやるようになり、あきらめない子に

宿題プリントにはいつ取り組んでいますか?
山岸うちは学校から帰ってきて、プリントに取り組んでから遊びに行っていました。土日は朝食の前にやっていましたね。主人が起きるとパソコンを開いてメール等の確認をしているので、この時間に一緒にやれば、終わった後に家族全員で遊べるというのが、朝食前に取り組むことになったきっかけです。
豊川平日は、約束がなければ学校から帰ってきて、学校の宿題と一緒にやっていました。約束があったときは、遊んで帰ってきて夕食前にすることが多かったです。週末は、時間帯はバラバラでしたが、その日の宿題はその日にやる、というのは守っていました。
山岸ガウディアに通うようになって、宿題を毎日やることによって学習習慣が身につきましたし、自分からやるという姿勢がずいぶん強くなりました。
「わからないことや、難しくてできない問題があったら、そこからが勉強だからね。わからない問題があることは、恥ずかしいことじゃないからね」と伝えていたのですが、きっとその言葉を信じてくれたんでしょうね。
豊川あきらめたり、弱音を吐くということもほとんどないですね。「やめたい」とか、「今日は休みたい」とかは全然なかったです。むしろ私の方から「今日は遊ぶ?」と聞いたことがあるくらいです(笑)。毎日プリントに取り組むのが習慣になっているので、やらないと気持ち悪いみたいです。
山岸そういえば、うちも「やめたい」「行きたくない」と言ったことは一度もなかったですね。

間違わないことより、ゆっくり考えることが大事

今月からガウディアに通い始めた下のお子さまの様子はいかがですか?
山岸次男は「先生が怒らなくてやさしい」とよく言っていますね。自分で「頑張ってきたよ」とも(笑)。怒られるのが嫌いな負けず嫌いな性格なのですが、長男が「ガウディアの先生はやさしいから大丈夫だよ」と励ましていました。兄弟で通うのも刺激があっていいですね。お兄ちゃんが宿題を始めると、下の子もまねしてやってみたり、というのはいい影響ですね。ガミガミ言わなくていいので助かっています(笑)。
入学前から始めるのはおすすめですね。教科書とは違う内容を学べるので、苦戦もしますが、悩むという経験を積み重ねて、考えられるようになっていきます。「間違わないのがいい」というわけではなく、むしろゆっくり考えるきっかけになり、そこで初めて深い学習ができることもあるんです。
これからも、お子さまたちの学びを支えて行きたいと思います。今日はありがとうございました。