教材のヒミツ

ガウディアが目指しているのは、中学・高校・大学入試はもちろん、子どもたちが将来
社会に出たときに役立つ“使える力”
そのためにガウディアの教材は、以下の点を重視しています

ガウディアが重視していること

1. 子どもが自学自習できる

1. 子どもが自学自習できる

人から教えてもらって理解するのではなく、
“まず自分で考える”という姿勢を養いたい

子どもたちが“考えれば答えが見つかる”レベルの教材、
つまり自学自習ができる教材であること。

2. 自分のペースで進められる

2. 自分のペースで進められる

子ども一人ひとりの理解や学びに応じて
学習できるようにしたい

苦手なところやつまずきは前に戻り、できればどんどん
先に進める。そんな無学年方式の教材であること。

3. 考える力を定着させる

3. 考える力を定着させる

幼児〜小学生の時期に
考える力をつけたい

幼児~小学生は考える力の土台をつくる時期。
そこで全てのベースとなる「算数」「国語」に指導を特化。

4. 子どもに合わせて学べる幅の広さ

4. 子どもに合わせて学べる幅の広さ

“わかると楽しい。できるともっとやりたくなる”
そんな子どもの意欲を伸ばしたい

基礎から応用。そして中学受験準備まで。
意欲に応じて学べる幅の広いレベルの教材であること。

5. 2020年の教育改革にも対応

5. 2020年の教育改革にも対応

2020年に大きく変わる学校の教育改革に
対応した学びでありたい

学習内容を対応するべく、教材改定を実施。
思考力・読解力・活用力・表現力を柱に。

こうして作られたのが、ガウディアの教材です。